理事長 小川千賀子の日記

普段のもの [2019.03.13]


ベトナムに出張した時のこと。

ランチをレストランでいただいていたのですが、時間の関係でレストランに行く時間がなくなった日がありました。

郊外でしたので近くにレストランはありません。

困っていましたら、スタッフの方が、配達してくれるお弁当をお願いしてくれました。


しばらくして届いたお弁当は、お弁当と言うより、ケータリングランチとでも言った方がいいような感じで、温かく、とってもいい匂い。


パラパラとしたベトナム米の炒飯。野菜のガーリック炒め。

チジミのような卵とじ。牛肉の旨辛煮。海老の岩塩包み焼。などなど、家庭料理がタッパーに入れられて運ばれてきました。

キュウリとトマトのサラダにつけるスパイシーなお塩がとても美味しくミネラルたっぷりといった感じです。


『普段のもの』は『時別』にはない、素直でシンプルな率直さがありますね。だからこそ大切なのだと思います。

PAGE
TOP